「第2回 大切な誰かのために考えた発明品アイデアコンテスト」 の自転車用方向指示器の完成品贈呈式メディア情報

東大阪ブランド推進機構が主催し、カワキタがプロジェクトリーダーとして取り組んでいる、
「第2回 大切な誰かのために考えた発明品アイデアコンテスト」の開発プロジェクトのメディア情報です。
東大阪市内の小学生が考案した自転車用方向指示器「行きますよランプ」が完成し12月17日、贈呈式が行われました。

モノづくりを通して「ひとを育て未来をつくる」都市ブランドを目指して、「モノづくりの楽しさ・素晴らしさ」を伝えていく活動を行っている東大阪ブランド推進機構が、東大阪市内在住・在学の小中学生を対象にアイデアを募った「第2回大切な誰かのために考えた発明品コンテスト」。
414作品の応募の中から、東大阪ブランド賞に選ばれた自転車の方向指示器「行きますよランプ」が完成し、12月17日に贈呈式を行い、考案者の小学6年生の女の子に手渡されました。

その開発の様子や贈呈式の様子などがメディアで取り上げられました。

Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00000057-minkei-l27

東大阪経済新聞
https://higashiosaka.keizai.biz/headline/641/

MINKEITV-みんなの経済新聞ネットワークの動画ニュース
https://tv.minkei.net/?id=458
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply